5年理科「人のたんじょう」

教科書にもよりますが、5年理科3学期に「人のたんじょう」を取り扱います。1学期にメダカの受精から誕生までの学習をしてきているので、その内容も応用します。よく行うのが『羊水』のはたらきを確かめる実験。赤ちゃんを衝撃から守ったり、手足の運動をしやすくしてくれているのが羊水。ジッパーに鶏の卵とそれが浮くぐらいの濃さの食塩水を入れ、20cm位の高さから落とします。割れません。食塩水のないジッパーを落とします。もちろん殻が割れます。いろいろ実験の仕方はありますが、子どもたちは結構、納得します。

 414 total views,  1 views today