方位磁針の「北」、西にずれる 地磁気の変動影響か 国土地理院

時事通信社によると、国土地は2日、方位磁針が指し示す北(磁北)が5年前に比べ、県庁所在地の平均で西に0.3度ずれたとの調査結果を明らかにしたそうです。  「地球が持つ磁気(地磁気)が変動しているためと考えられる。地磁気の極は北極や南極とは異なる位置にあり、磁北は地図上の北と一致しない。地磁気は地殻の影響も受けるため、場所によってずれは異なる。こうしたずれを補正するため、地理院は5年ごとに地磁気の分布を示した地図を発表している。2日に発表された2020年版によると、東京では磁北が地図上の北より7.6度西にずれており、15年より0.3度大きくなった。いずれの県庁所在地も15年と比べて西にずれており、札幌、名古屋、大阪などは0.3度変化していた。岡山以西では0.4度の場所が多く、熊本と那覇は0.5度ずれていた。磁北と地図上の北のずれは、登山時などで方角を調べる際に把握が必要になる。スマートフォンやカーナビでは自動的に補正される。」(記事引用「JIJI.COM」https://news.yahoo.co.jp/articles/bcf84cb836093c2e954a9e44fb3ca4a22b717259)(画像引用「理科年表オフィシャルサイト」https://www.rikanenpyo.jp/kaisetsu/chigaku/chigaku_003.html)

 400 total views,  1 views today