タコの脚は何本?

タコの脚は8本!ですよね。でも、見方によると脚ではなく腕です。広義の意味合いでは、タコはエサをとったりする、主に手のような働きをする腕が6本。泳いだりするのに必要とする足が2本あると考えられています。また、タコの8本の脚に脳があるそうですよ。タコは、複雑な動きを1本1本の足に伝達する事から、本来もっている1つの脳だけでは、足りないのです。進化の過程で、足それぞれに、神経脳、命令を下し、伝達する8個の脳を持っています。それによって、人間と違って体の動きを独立させ、より複雑な動きを可能にしているのです。

 394 total views,  1 views today