ライオンのオスのたてがみは、なぜあるの?

たてがみとは、動物の頸部または頭部に密集して生えている長い毛のことで、ライオンはもちろん、馬やハイエナといった動物にもたてがみはあります。そして、人間の頭髪やヒゲもたてがみの一種と解釈されているんだとか。

一番古くオーソドックスな学説が、ダーウィンが唱えた「首を守る為説」です。 オス同士が戦う時に急所である首の部分を噛まれにくくするためということになります。

しかし近年別の研究結果が出ています。 その説では、たてがみは「強さを示す目印」とされています。 その研究で分かったことは、長くて濃いたてがみを持っているオスの方が、短くて薄いたてがみを持っているものよりも、強くてたくましいというものでした。当然、メスにももてるそうです。

なんにしろ、百獣の王と呼ばれるだけあって、たてがみも立派なものですね。

 336 total views,  1 views today