使い捨てカイロは、なぜ温まる?

カイロの原材料は、鉄粉・活性炭・保水材(バーミキュライト・木粉・吸水性樹脂)・水・塩類です。鉄はさびることによって発熱します。カイロが温まるのは、中の鉄粉がさびる時に出る熱のためです。

活性炭は表面に小さな孔が開いていて吸着する働きがあります。カイロに含まれる活性炭が空気中の酸素を取り込み、酸素の濃度を高めることで鉄粉がさびるのを促進するのです。また、水や塩類は鉄分がさびるのを速くする働きがあります。水で鉄がべたべたするのを防ぐため、バーミキュライトなどの保水材に水をためておき、酸化反応するときに放出します。これらの働きで、すぐに温まり、長時間持続するカイロができるのです。

中は鉄粉がたくさんなので、捨てるときは自治体のきまりを確認してくださいね。

 324 total views,  1 views today