熱中症に気をつけよう

熱中症とは、体内における熱の産出と体外への熱の放散のバランスが崩れてしまい、体温が上昇してしまう状態を指します。めまい、発熱、吐き気、だるさ、意識がなくなる・・などの症状が起きます。

熱中症を予防するには、以下のことを実行しましょう。

●休憩の頻度を増やす

●こまめに水分と電解質(ナトリウムなど)を補給する

●夜しっかりと寝て疲労回復に努める

●飲酒は疲労・脱水の原因となるため控えめに

 20 total views,  1 views today