暑いね~。汗をかきますね・・

汗の最も重要な役割は体温の調節機能です。 気温の上昇や運動、カゼの発熱などで体温が高くなった時に発汗は起こります。 汗の水分が皮膚の上で蒸発するときに熱が奪われ(気化熱)、それによって体温を36.5℃前後に保つことが出来るのです。 いわば汗は皮膚の表面での”打ち水”として機能している訳です。

また、老廃物を出すなど、難しい言葉で「新陳代謝」というものを活発にしてくれています。

汗はベタベタしていやなものですが、かいた方がいいこともあるようですね。

 13 total views,  1 views today