4月の天体ショー

1 4月上旬は明け方の空で「火星」「土星」「金星」の姿を見ることができます。火星と土星はどんどん近づき、5日(火)明け方に最接近する予想です。今回は火星と土星が0.5度(満月の見かけ直径程度)まで近づく大接近となります。火星と土星の明るさはほとんど同じです。火星は赤っぽく、土星は白っぽく見えるので、色の違いにも注目してみてください。

2 こと座流星群の活動が極大。4月23日(土)4時頃、4月こと座流星群の活動が極大を迎える予想です。極大時刻は明け方のため、23日(土)未明から明け方にかけてが見頃となります。出現数は控えめの流星群で、今回は下弦前の半月も空に昇っているため、見られる流星数はピーク時で1時間に5個程度となりそうです。見えたらラッキー!と思うくらいの気持ちで、気軽に空を見上げてみてください。

3 月が惑星たちに次々と接近します。明け方は、4月上旬から土星・火星・金星が輝きますが、下旬になると木星も姿を現して一段と賑やかになります。南東から東の方角に、空の高い方から順に土星(約1等)、火星(約1等)、金星(約マイナス4等)、木星(約マイナス2等)が並ぶ光景は見ものです。4月25日(月)~28日(木)には、細い月が次々と惑星たちに接近します。月は25日(月)に土星、26日(火)に火星、27日(水)に金星、28日(木)に木星に最も近づくため注目です。

 240 total views,  3 views today